花畑大鷲神社 酉の市御朱印 / 東京都足立区

花畑大鷲神社 酉の市御朱印 / 東京都足立区

花畑大鷲神社 酉の市御朱印

東京都足立区に鎮座する花畑大鷲神社の酉の市御朱印です。応永年間より日本武尊の命日とされる11月酉の日に日本武尊の対する報恩感謝の祭を行い、その際門前にて市が開かれ、農耕具等が売られていた。人々から「とりのまち」と呼ばれ親しまれており、これが「酉の市」の起源とされています。酉の市開催時には、参道に熊手商や屋台が立ち並び、熊手商の掛け声が響き渡り、賑わいを見せています。これとは別に大祭が年に一度、10月の酉の市か日曜日に開催され、こちらも多くの人で賑わいます。

明治維新後の神仏分離により別当寺であった正覚院(現・花畑3-24-27)から独立し、1872(明治5)年11月17日には村社に列せられました。

御朱印は社殿左手の授与所でいただくことができます。

 

花畑大鷲神社御朱印授与場所

授与所、初穂料:300円
オリジナル御朱印帳あり、初穂料:1,500円(御朱印代込み

<オリジナル御朱印帳>

 



神社情報

■花畑大鷲神社(はなはたおおとりじんじゃ)
創建年:宝治年間
御祭神:日本武尊
ご利益:家内安全・交通安全、合格祈願・学業成就、健康祈願・病気平癒、商売繁盛・千客万来、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い
旧社格:村社
例大祭:11月酉の市
参拝日:平成29年11月18日

 

花畑大鷲神社社殿

 

花畑大鷲神社御由緒

創建は宝治年間(1247年-1249年)とされる。開運守護の神として信仰篤く、中世、新羅三郎義光が、兄・八幡太郎義家の援軍として後三年の役に赴く折に戦勝を祈願し、凱旋の折は神恩に謝し兜を奉賽した。以後、源氏の崇敬の的となり、広く信仰を集めている。古くは鷲明神と称されていたが、明治以降鷲神社と改められ、のち大鷲神社を正式名称とした。ちなみに明治初年に初めて地番が施行された際、当神社は「花又村一番地」となった。

 

花畑大鷲神社鎮座地

所在地 :東京都足立区花畑七丁目15番1号
最寄駅 :谷塚(東武スカイツリーライン)、六町(TXつくばエキスプレス)
駐車場 :あり
拝観料 :無料
拝観時間:境内自由
公式HP:http://ootori-jinja.or.jp/



Google Map

 

RANKING

「ぽちっ」としていただけると励みになります


御朱印 ブログランキングへ

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

 

神社画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング


御朱印 ブログランキングへ

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ